ホームへ戻る
よもやま
最新ニュース
プロフィール
ディスコグラフィー
詞
お気に入り
Band
Link

 
Lyrics
 
 
冴沢鐘己 詞集
 

謎まで3マイル


詞・曲/冴沢鐘己

ただシーツを まとうだけでも
この視線は 泳ぎはじめる
 君の肌の隙間で 春と夜が溶けてゆく

まだ背中の 白い跡から
あの波まで 思い出せるよ
 君の声の響きで 夏と罪が流れてく

初めて絡めた 君の指
静かに こぼれた声を集めたら
その瞳の謎まで 僕は迷いこむ

そっと触れあう シーツの音が
あの緑の森へ抜けてく
 君の指の動きが 秋と涙 遠ざける

ただひとつの夢を見るため
今 秘密の鍵を探すよ
 君の心ほどいて 冬をふたり 飛び越そう

初めて乱れる 君の髪
何度ももつれる 汗に溺れたら
この鼓動の謎まで 僕は堕ちてゆく

初めて絡めた 君の指
静かに こぼれた声を集めたら
その瞳の謎へと 僕は
迷いこみ 乱れる 君の髪
何度ももつれる 汗に溺れたら
この鼓動の謎まで 僕は堕ちてゆく


Copyright(c)1999-2008,Showky Saezawa all rights reserved.

Back