ホームへ戻る
よもやま
最新ニュース
プロフィール
ディスコグラフィー
詞
お気に入り
Band
Link

 
Lyrics
 
 
冴沢鐘己 詞集
 

カナリア


詞・曲/冴沢鐘己

ひどい嵐が通り過ぎた 晴れわたる暑い朝に
君は誰にも秘密のまま この街を出ていった
僕のもとには 背伸びをして4ビートに挑んでる
たった2曲が収められた テープだけを送りつけて
 カナリアみたいな歌声が 甘い恋を誘う
 あのとき嵐を恐がった 小さな君なんて夢のように

君によく似た女の子を グラビアで見かけたけど
妙なポーズを見せてたから 人違いと信じてる
ひどい嵐に打たれたなら 羽根だけは傷つけずに
青い空まで顔を上げて 軽やかに飛び立つんだ
 カナリアみたいな歌声が どこかで聞こえた時
 輝く姿を見るために どんなに遠くても飛んでゆくよ

 カナリアみたいな歌声が どこかで聞こえた時
 輝く姿を見るために どんなに遠くても飛んでゆくよ



シングル「カナリア」(1999年)、アルバム「カナリアみたいな歌声が」(2010年)、アルバム「心地よく秘密めいた場所」(2013)収録収録

Copyright(c)1999-2015,Showky Saezawa all rights reserved.

Back