ホームへ戻る
よもやま
最新ニュース
プロフィール
ディスコグラフィー
詞
お気に入り
Band
Link

 
Lyrics
 
 
冴沢鐘己 詞集
 

隔てのドア


詞・曲/冴沢鐘己

白い胸元 微かに揺れて
君は静かに寝息をたてる
黒い髪には月が映って
空しい恋の姿を黙って見てる

君は笑って髪をほどいて
僕の噂を教えてくれた
甘い香りの下着の上で
冷たいその唇を押しつけながら
まるで猫を抱くように僕を抱いたね

*その心のドア 指をかけても
 ただ笑いながら鍵を下ろして
 約束もさせず 僕を追い出すんだろう

僕は背中に指をすべらせ
君の首筋 口づけてみる
夢の中まで聞こえるように
何度も君を好きだと囁いてみる
だけど僕の夢なんて君は見ないさ

※その心のドア ひとつ隔てて
 君は無邪気に僕をもてあそび
 夜が明けたなら 僕を忘れるんだろう

* repeat 


Copyright(c)1999-2008,Showky Saezawa all rights reserved.

Back