ホームへ戻る
よもやま
最新ニュース
プロフィール
ディスコグラフィー
詞
お気に入り
Band
Link

 
Lyrics
 
 
冴沢鐘己 詞集
 

舗道のひまわり


詞・曲/冴沢鐘己

馬鹿げた噂で傷ついた君は
その手で誰かを殴るつもりなんだろう
痛めた右手と砕けた誇りは
いつまでも君を 救いはしないけど
止まれはしないなら 歩き出せばいい
 今は君の胸に 暗い夜が潜む
 ただひとりで 君は泣くんだ
 だけど君の胸に 白い朝が来れば
 Time is with you
 君は少し強くなれる

乾いた舗道に咲くひまわりには
わずかな涙もオアシスになるだろう
抱えた苦痛や手放した夢は
いつまでも君を 苛むだろうけど
枯れるまで泣いたら 歩き出せばいい
 いつか君の胸に 白い朝が来れば
 またひとりで 君は往くんだ
 どんな長い夏も 笑い飛ばせばいい
 Time is with you
 空に挑む花のように

あの花が消えれば 夏は終わる
ひび割れた舗道に ひとしきりの雨
最悪の痛みも 懐かしくなれる
だからもう顔を上げ 君が見る空を探せ 
 今は君の胸に 暗い夜が潜む
 ただひとりで 君は泣くんだ
 だけど君の胸に 白い朝が来れば
 Time is with you
 君は少し強くなれる
 いつか君の胸に 白い朝が来れば
 またひとりで 君は往くんだ
 どんな長い夏も 笑い飛ばせばいい
 Time is with you
 空に挑む花のように


アルバム「何かが道をやってくる」(2014)収録

Copyright(c)1999-2015,Showky Saezawa all rights reserved.

Back