ホームへ戻る
よもやま
最新ニュース
プロフィール
ディスコグラフィー
詞
お気に入り
Band
Link

 
Lyrics
 
 
冴沢鐘己 詞集
 

仮 面


詞・曲/冴沢鐘己

たて笛を鳴らしながら 今 子供たちは帰る
傾いた陽射しの中 行く夏を見てる

あどけない笛の音に ふと君のことを想う
泣きながら頬をよせた あの君を想う

 流れ落ちた涙の意味 言葉を探しても
 心つなぐ術も知らず ただ髪をなでていた
 君は泣き続けた

偽りを覚えるたび 人は心 閉ざしてゆく
こんなにも荒れた心 誰もわからない

 やさしさなど振りかざせば 言葉は嘘になる
 身にしみつく仮面の顔 君の瞳に映っては
 頬に流れてゆく

 やさしさなど振りかざせば 言葉は嘘になる
 君の想い 落ちる涙 そっと拭いとった
 心 閉ざしながら

たて笛の音が消えて もう街に灯りがつく
ひとり行く子供の背に また君を想う

*repeat


Copyright(c)1999-2008,Showky Saezawa all rights reserved.

Back