冴沢鐘己からのメッセージ

 

なぜ今年(2008年)に入って、突然こんなに多くのライブをまた始めるのか、冴沢鐘己はどこへ行こうとしているのか、きちんと僕自身の言葉で伝えようと思います。


僕は10年近く前に「カナリア」という曲を作りました。
ファンやメンバーにも可愛がっていただき、レコーディングをして、無事CDとなりました。
素晴らしいメンバーによる素晴らしい演奏で、ときどき街で流れたりもしました。

しかし、僕の無力さゆえ結果を出す事ができず、いつか時間がたち、僕も少しずつ音楽活動から離れてしまいました。

去年(2007年)、僕はある病気で2ヶ月ほど入院をしました。思いがけず、自分のことだけをゆっくり考える機会を得た僕は、‘自分は何者として生き、何者として死んでいくのか’を考えました。

退院した僕は、少し身の回りを整理し、また歌い始める決心をしました。
ライブハウスでは僕を知っている人も少なく、本当に一からのスタートでした。

でも驚いたことに、やはり「カナリア」がまだみんなに愛される力があることを知りました。
そして幸運なことに、再びCDとして全国リリースできるチャンスを得ました。

僕の中で止まっていた時計を動き出させるキッカケになった曲、カナリア。
この曲を、もう一度世に出します。
今の僕の声で、今の僕の歌で。

今、僕を支えてくれるメンバーや仲間たち、そしてこれから出会う人たちの力を借りて、もう一度、僕は全力をかけてこの「カナリア」に新しい生命を与え、羽ばたかせます。

どこかで痛めた羽根を抱えて青い空を見上げる「カナリア」たちに、この歌を届けたいと思います。

まずはギターを一本抱えて、日本のあちこちを歌ってまわります。

どこかで僕の歌を聴いて、もし「カナリア」を気に入っていただけたなら、ぜひまた、今度はお友達を誘ってライブハウスに来て下さい。

僕は心をこめて歌います。
あなたの心の中のカナリアも、元気に羽ばたくように・・・

冴沢鐘己



        カナリア
          詞・曲/冴沢鐘己

ひどい嵐が通り過ぎた 晴れわたる暑い朝に
君は誰にも秘密のまま この街を出ていった

僕のもとには 背伸びをして4ビートに挑んでる
たった2曲が収められた テープだけを送りつけて

 カナリアみたいな歌声が 甘い恋を誘う
 あのとき嵐を恐がった 小さな君なんて夢のように

君によく似た女の子を グラビアで見かけたけど
妙なポーズを見せてたから 人違いと信じてる

ひどい嵐に打たれたなら 羽根だけは傷つけずに
青い空まで顔を上げて 軽やかに飛び立つんだ

 カナリアみたいな歌声が どこかで聞こえた時
 輝く姿を見るために どんなに遠くても飛んでゆくよ

 カナリアみたいな歌声が どこかで聞こえた時
 輝く姿を見るために どんなに遠くても飛んでゆくよ

 カナリアみたいな歌声が・・・

 

top blog News Profile Songs Lyrics Favorites Band Link

This Web Site is all designed by Showky Saezawa
Copyright(c)1999-2008,Showky Saezawa all rights reserved.